【まとめ】富士山&夜景の撮影スポット一覧!一眼レフカメラの設定と共にご紹介

ナイトハイク

【まとめ】富士山&夜景の撮影スポット一覧!一眼レフカメラの設定と共にご紹介

 

 

どうも、こりおつです(`・ω・)

 

今年も、富士山の初冠雪が確認されましたね!

 

「富士山と夜景を一緒に撮影してみたい!」

 

こう思うカメラマンは多いのではないでしょうか??

 

ナイトハイカーである私が、富士山と夜景を撮るときの設定と、富士山と夜景を一緒に撮影できるとっておきの撮影スポットをご紹介します!!

 

 

富士山と夜景を綺麗に撮る一眼レフカメラの設定

 

 

 

 

①F値は8〜12くらい

 

まず最初に設定したいのが「F値」です。

 

【F値の特徴】

 

  • F値が低い→光を多く取り込む(背景をぼかす)
  • F値が高い→光がシャープに写る

 

F値は高め(8〜12くらい)に設定しましょう!

 

夜景撮影となると明るくするためにF値を下げがちですが、これはオススメしません。

 

理由は、夜景の光がぼやっと写ってしまい、光同士がくっついて見えてしまうからです。。。

 

F値を上げると光をシャープに捉えることができ、ひとつひとつの光を独立させることができます(`・ω・)

 

かと言ってF値を上げすぎると真っ暗になってしまうので、8〜12くらいに設定することをオススメします!!

 

 

②シャッター速度は15〜20秒くらい

 

次に設定したいのが「シャッター速度」です。

 

※三脚を持っていることを前提として話を進めます

 

私はいつもシャッター速度を15〜20秒程度に設定しています。

 

理由は、

  • 夜景の光をたくさん取り込める
  • 同時に星も取り込める
  • 車のライトが伸びて、道路が光の線になる

です!

 

先ほど説明しました通り、F値を高めに設定すると、取り込める光の量が減ってしまいます。

 

そのため、シャッター速度を伸ばすことでたくさんの光を取り込みカバーします。

 

ISOの値を大きくしても光を取り込むことができますが、ザラついたノイズが入ってしまうのでシャッター速度で調節しましょう(`・ω・)

 

シャッター速度が20秒を超えたあたりから、星は線のように写ってしまいます。。。

 

(星の位置は少しずつ動いていますからね)

 

なので、シャッター速度は15〜20秒程度がオススメです(^-^)

 

 

③ISOは低めに設定する

 

最後に、「ISO」の設定をします。

 

ISOは取り込む光量の最後の微調整と捉えてOKです。

 

これまでの、「F値」「シャッター速度」の設定であれば、ISOは200〜500程度がちょうどいい加減になるでしょう^_^

 

 

富士山&夜景の撮影スポット

 

 

富士山と夜景を撮影するための設定はバッチリ整いました(`・ω・)

 

ではここからは、肝心の場所について。

 

数々の山にナイトハイクしてきた私のとっておきの場所をご紹介します!!

 

※これから紹介する場所は、ナイトハイクを必要とする場所もあります。

 

ナイトハイクをする際はしっかりと準備をしたうえで撮影にのぞみましょう!

 

⬇︎ナイトハイクがはじめての方はコチラ!

★ナイトハイクへ行こう★
計画・準備から現地での行動まで、私が気をつけていることを余すことなく書いています!ぜひ、参考に!

 

①高座山(山梨県忍野村)

 

 

Processed with VSCO with g3 preset

 

 

富士山:★★★★★

夜景 :★★★☆☆

難易度:★★★★☆

 

【アクセス】

鳥居地峠 → 高座山山頂

山頂までの所要時間:40分

鳥居地峠へは、中央自動車道・富士吉田西桂スマートICから車で20分。

 

【特徴】

忍野村の夜景を見下ろす絶好の富士山&夜景スポットです!

 

しかし、登山道が急斜面ですのでかなりの体力が必要。。。

 

山頂はあまり開けていません。。。

 

ただ、富士山から近い場所にありますので、大迫力の景色が見られます^_^

 

⬇︎登ったときの記事はコチラ!

【登山記】忍野村の夜景を見に高座山へナイトハイク
気象条件が最高の状態で見た、富士山を背にした忍野村の夜景。これ以上美しい景色が他にあるのでしょうか?

 

②新道峠第二展望台(山梨県笛吹市)

 

 

Edited with Afterlight

 

 

富士山:★★★★★

夜景 :★★★★☆

難易度:★☆☆☆☆

 

【アクセス】

水ヶ沢林道終点 → 新道峠第二展望台

展望台までの所要時間:15分

河口湖駅から車で45分。

 

【特徴】

日本一と呼ばれる富士山の景勝地。

 

河口湖大橋を入れた夜景は格別(`・ω・)

 

先に第一展望台に着きますが、それを過ぎた先に第二展望台があります。

 

林道終点は車は少ししか停められないことと、冬季は林道が閉鎖されていますので注意!

 

⬇︎登ったときの記事はコチラ!

【登山記】リベンジ!冬期閉鎖中の新道峠へ夜景を見にナイトハイク
新道峠から見る富士山。夕焼け・夜景、どの瞬間もここからの景色が日本一でしょう(`・ω・)

 

③金時山(静岡県小山町)

 

 

 

 

富士山:★★★★☆

夜景 :★★★★★

難易度:★★★★★

 

【アクセス】

金時山登山口駐車場 → 金時山山頂

山頂までの所要時間:60分

金時山登山口駐車場へは、東名高速道路・足柄スマートICから車で30分。

もしくは、御殿場線山北駅から車で30分。

 

【特徴】

光量の多い御殿場市街の夜景と富士山とのコラボレーションは最高です!

 

山頂までの道のりが長くなりますので、ご注意を。

 

風もかなり強いので、防寒対策は万全に!

 

日没は富士山方面に陽が沈むので、夕焼け撮影にも向いています^_^

 

⬇︎登ったときの記事はコチラ!

【登山記】富士山と御殿場市の夜景を見に金時山へナイトハイク
梅雨の合間の晴れ間に見た御殿場市の夜景はとてもきれいでした(^_^)

 

④高松山(神奈川県松田町)

 

 

 

 

富士山:★★★☆☆

夜景 :★★★☆☆

難易度:★★★☆☆

 

【アクセス】

尺里峠 → 高松山山頂

山頂までの所要時間:35分

東名高速道路・大井松田ICから車で35分。

 

【特徴】

御殿場市街の夜景を遠くのぞみながら富士山を撮影できる場所。

 

3月18日〜19日の日没ではダイヤモンド富士が観測できます(´▽`)

 

登山難易度も比較的易しく、初心者でもナイトハイクに挑戦できる山です。

 

⬇︎登ったときの記事はコチラ!

【登山記】夕焼け・夜景を見に丹沢北部にある高松山へナイトハイク
山頂から眺める富士山・街並み・高速道路。どれをとっても文句なしの夜景でした(^^)

 

⑤河口湖天上公園(山梨県河口湖町)

 

 

 

 

富士山:★★★★★

夜景 :★☆☆☆☆

難易度:★★☆☆☆

 

【アクセス】

河口湖富士パノラマロープーウェイ乗り場 → 公園

公園までの所要時間:30分

河口湖駅から車で10分。

 

【特徴】

太宰治も絶賛した富士山の景勝地。

 

富士吉田の住宅・旅館街の夜景が手前に広がります。

 

山頂は公園になっており、撮影しやすい展望広場が広がっています(´ω`)

 

⬇︎登ったときの記事はコチラ!

【登山記】富士山と夜景を見に河口湖天上山公園(カチカチ山)へナイトハイク
太宰治が惚れた天上山からの富士山。眼下に望む街明かりと富士山のコラボレーションは間違いない美しさです

 

⑥鉄砲木ノ頭(山梨県山中湖村)

 

 

 

 

富士山:★★★★★

夜景 :★☆☆☆☆

難易度:★★☆☆☆

 

【アクセス】

パノラマ台 → 鉄砲木ノ頭山頂

山頂までの所要時間:25分

東富士五湖道路・須走ICから車で25分。

 

【特徴】

山中湖と富士山を一望できる展望スポット。

 

夜景の光量は物足りないが、ここまで来る人はほとんどおらず場所を独り占めできます(´▽`)

 

山頂も開けており、日の出で見える「紅富士」を見るなら絶好の撮影ポイント!

 

⬇︎登ったときの記事はコチラ!

【登山記】夜景・紅富士を見に鉄砲木ノ頭へナイトハイク
鉄砲木ノ頭から眺める山中湖畔の街明かり・紅富士は風情のある美しさでした(^O^)

 

 

まとめ

 

 

 

 

富士山と夜景を同時に撮影できる場所は、日本でも限られた場所しかありません。

 

今回紹介したところも、ほとんどが山の上から見えるものでしたしね(^-^;

 

ただ、「夜に山に登る」という困難を乗り越えた先に、絶景は待っているのです……!!!

 

繰り返しますが、ナイトハイクをする際は十分な準備をした上でのぞみましょう!

 

皆さんの写真活動がより良いものになることを願っています(´▽`)

 

では、また(`・ω・)

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

⬇こんな記事も書いています!

【まとめ】2019年上半期絶景ランキングTOP5
今年から始めたナイトハイク。2019年上半期に撮れた絶景たちを紹介しちゃいます!!

 

【登山記】富士山本八合目から見た夜景
日本最高峰、富士山から見た夜景。景色を遮るものは何もなく、たくさんの種類の夜景を堪能しました。