【デカトロンとは?】いま話題のスポーツブランドを調べてみた!!(DECATHLON)

キャンプ

【デカトロンとは?】いま話題のスポーツブランドを調べてみた!!(DECATHLON)

 

 

デカトロン(DECATHLON)って最近よく聞くけど、どんなメーカーなの??

 

2020年5月に幕張に新店舗をオープンさせ話題になったデカトロン(DECATHLON)

 

今回は、ヘビーユーザーである私がデカトロン(DECATHLON)について詳しくご紹介します!(`・ω・)

 

 

デカトロン(DECATHLON)ってこんなブランド

 

まずは結論から言っちゃいます!

 

デカトロンとは、

✅フランス発のスポーツブランド

✅商品全般、とにかく安い

✅対象スポーツがめちゃ多い

というブランドです。

 

デカトロンの特徴の中で特筆すべきは安さ!!

例えば、この10Lのリュックは衝撃の350円!!!!

 

そもそもリュックって350円で作れるのか???笑

意味わかんないくらい安いです(^_^;)

 

この記事が、

  • ヤバいメーカーなんじゃないか?
  • なぜそんなに安いのか?
  • なぜ、いま注目されているのか?

と、疑問に思った方の参考になれば幸いです。

 

デカトロン(DECATHLON)の歴史

 


 

 

 ~より多くの方々にもっとスポーツを~

 

という経営コンセプトで展開しているデカトロン。

1976年、フランス北部で創業します。

最初は、様々なブランドのスポーツ用品を扱うお店でした。

 

では、どうやって今のスタイルにたどり着いたのか。

こんなエピソードがあったそうです。

 

〜よくわかるデカトロン誕生秘話〜

 

デカトロン
デカトロン
私たちは、様々なスポーツメーカー用品を販売します!

 

仕入れ先
仕入れ先
うーん。。。他社製品も扱っているし、おたく(DECATHLON)には納品したくないなぁ

 

デカトロン
デカトロン
なんですと?!困ったなぁ。。。   そうですか、わかりました。 じゃあ自社で製品作って売ってやりますよ!

 

こうして、デカトロンは自社ブランド製品を製造・販売するようになりました

今では100種類以上のスポーツ用品を扱うほどに製品を展開しています! 

 

デカトロン(DECATHLON)の日本出店・展開

 

デカトロン(DECATHLON)は創業以来40年以上拡大を続けていて、現在は全世界61ヵ国1700店舗以上展開しています。

 

悩む男性
 
あれ?そんなに大きいメーカーなのに、俺知らないや。。。

それもそのはず。

実は、デカトロンは日本へ上陸したのが2019年 まだまだ最近の話ですね(^^;

(日本向けのオンラインストアは2015年にオープン)

 

⬇︎日本向けのオンラインストアがコチラ

 

日本国内の店舗としての1号店が、デカトロン西宮店になります。

そして、2020年にデカトロン幕張店がオープンし、関東初上陸ということで話題になりましたね(´▽`)

 

↓幕張店に潜入してきた動画はコチラ!

【デカトロン】幕張店へ潜入!登山・キャンプ用品がハンパねぇ!(DECATHLON)
2020年5月22日に、日本で2店舗目となる”デカトロン幕張店”がオープン! デカトロンジャパンさんにファンイベントにご招待いただいたので、店内の様子を撮影してきました! 登山・キャンプ用品を中心に見てきましたが、コスパという名の破壊力に圧倒されました。。。 自分はこれからしばらくヘビーユーズしそうです('ω')...

 

デカトロン(DECATHLON)製品が安い理由

 

デカトロン製品で驚かされるのが、その安さ

◼️リュックが350円

◼️登山靴が1,990円 ◼️2人用テントが4,990円

 

私が主にアウトドア用品を購入しているので例に挙げてみました!

リュックが350円って最初に見たときは自分の目を疑いました(°_°)

 

↓特に安い商品はコチラにまとめてます!

【デカトロン】テントやリュックなど特に安いと思った登山・キャンプ製品をまとめてみた!(ケシュア・フォルクラ)
日本ではまだ知名度の低いデカトロン。数多くある登山・キャンプ用品の中でも特に安いと感じたものをご紹介

 

では、そのデカトロンの安さの秘密に迫って行きましょう! 

 

研究・開発から”完全自社開発”

 

デカトロンは、スポーツ製品の開発のための研究施設を世界で9ヵ所保有しています。

そのうち、8ヶ所の施設が以下の通り。  

  • マウンテンストア(登山、ハイキングなど)
  • キプスタジアム(サッカー、バスケなど)
  • ビトウィンビレッジ(サイクリング、マウンテンバイクなど)
  • ウォータースポーツセンター(水泳、サーフィンなど)
  • ドミオスセンター(フィットネス、ヨガなど)
  • イネジスパーク(ゴルフ)
  • セスタスネイチャーセンター(釣り、ハンティングなど)
  • デカトロン本社キャンパス(ランニング、ウォーキングなど)

 

山沿い、海沿いなど、それぞれのスポーツをするにあたって適した地域に研究所が存在しています。

低価格を実現している要因は、この研究・開発から製造、流通、店舗販売までの全てを自社でまかなっているところにあります。

 

また、デカトロンはプロチームのスポンサーシップを実施していません。

そのため他ブランドと比べて広告費が削減され、値段の安さに繋がっているのです。

"より多くの人にスポーツを"がモットーだから、スポーツ選手に対してよりも一般の多くの人に手にとってもらいたい、というのが理由だとか。

 

株式投資をしている私からすると、経営ビジョンと事業内容がまったくブレない姿は、これ以上なく好感が持てます(´▽`)

(デカトロンジャパンが上場したら株を買いたいな…笑)  

 

デカトロン(DECATHLON)は環境への配慮もすごい!

 

デカトロンは、環境を守ることに注力しています。

【取り組み例】

  • 無料レジ袋の廃止
  • 靴の外箱の廃止
  • エコデザインの導入

➡︎製造をいちから担っているからこそできる取り組み

 

今後は、製品開発において"環境へ影響を及ぼすスコア"を設定し、環境に悪い開発をしないよう、製品を製造するそうです。

日本企業ではあまり見られない環境への意識、脱帽です(^^;)

 

まとめ

 

日本ではまだ2店舗しか展開されていないデカトロン(DECATHLON)!!

 

安さと品質の良さ、企業理念から、日本でも人気になること間違いなしですね!(`・ω・)

 

私も、普通にデカトロン製品は気に入っているのでこれからもお世話になりそうです(´▽`)

皆さんも、ぜひご利用してみては???  

 

では、また(`・ω・) 

==========================================================

⬇︎デカトロンのオンラインストアはコチラ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんな記事も書いています!

【安い】5000円以下で買えるポール付きタープを使ってみたら超おすすめだった!【デカトロン・ケシュア】
ポール付で¥4990?安すぎる!ペグとかロープとか大丈夫なのか?格安タープを実際に使ってみました!!
【ワークマン】氷点下の冬登山もOK!防寒・防風パンツが超おすすめな件(WORKMAN)
激安ワークマンウェア。本当に冬の登山で使えるのか?氷点下の雪山で実際に使ってみました!

https://koriotsu.com/decathlon-osusume-outdoor/