【安い】5000円以下で買えるポール付きタープを使ってみたら超おすすめだった!【デカトロン・ケシュア】

キャンプ

【安い】5000円以下で買えるポール付きタープを使ってみたら超おすすめだった!【デカトロン・ケシュア】

 

コスパの良いタープが欲しいなぁ~

こりお

手軽に使えるタープはないかしら?

ポール付きだとありがたいよね!

 

今回は、こんな方のための記事です。

 

先日、ソロキャンプ用に買ってみたデカトロンのポール付きタープが大正解でした(`・ω・´)!

 

 

ポール付きでまさかの4,990円……!

この記事では、デカトロンの格安ポール付きタープを実際に使ってみた感想をまとめています。

詳細な商品イメージや設営のコツなどもまとめていますので、最後まで読んでみてください!

 

 

↓動画でも解説しています!

ポール付きタープが¥4990!格安タープを使ってみた(デカトロン・ケシュア)
ソロキャンプ用に買ったタープのコスパが抜群だったのでご紹介します! ポール付きで¥4990!安すぎる。。。 設営も簡単にできて、サイズ感もバッチリ。 興味のある方は購入してみてはいかがでしょうか?? ソロキャンプで使おうっと!! ⬇︎デカトロン(DECATHLON)のタープのページはコチラ!


デカトロン(DECATHLON)とは??

 

 

デカトロンをご存知ない方も多いと思いますので、デカトロンについてご紹介します。

 

デカトロン(DECATHLON)の基本情報

 

✅フランス発のスポーツブランド
✅商品全般、とにかく安い
✅対象スポーツがめちゃ多い

というブランドです!!

 

1976年にフランス北部で創業したデカトロン。

より多くの人々にスポーツを」をモットーに経営しているスポーツブランドです。

 

取り扱っているスポーツの種目数はなんと100種目以上!

(みなさん、100種目以上スポーツの種目の名前言えますか…..?笑)

登山やキャンプ、ランニング、フィットネス、サイクリング、テニス、バドミントン、サッカー…etc

本当に非常に規模が大きい!

 

 

全世界では1700店舗展開しているビッグブランドですが、日本では西宮店・幕張店の2店舗のみ。

2015年に日本初進出となるオンラインストアを開設し、2019年に西宮店が、2020年に幕張店がオープンしました。

まだまだ日本では知名度の低いスポーツブランドですね(^^;

 

デカトロン(DECATHLON)の特徴

 

 

デカトロンの最大の特徴は、研究・開発から製造、流通、店舗販売までの全てを自社でまかなっているところにあります!

 

全世界に8か所の開発用研究施設を持っていて、それぞれのスポーツに合った製品を日々開発しています。

中間に他企業を挟まないおかげで、圧倒的コストパフォーマンスの製品を実現しています!!

 

他にも、

  • コスト削減のためにプロ選手のスポンサーシップは行わない
  • 環境保全のために資源を無駄遣いしない開発

といった企業努力をしており、非常に好感の持てるブランドです(^○^)

 

⬇︎デカトロンについてもっと知りたい方はコチラ!

【デカトロンとは?】いま話題のスポーツブランドを調べてみた!!(DECATHLON)
いま話題のデカトロン(DECATHLON)がどんなブランドなのか?ユーザーの私がわかりやすく解説!

 

デカトロンのポール付きタープの基本情報

 

では、いよいよ本題に!

タープの詳細について見ていきましょう!

 

商品の内容

 

  • タープ布地
  • ロープ
  • ペグ
  • ポール

⇒しっかりポールが入っています!

生地やペグの強度など、個々の状態は後程詳しくご紹介しますね。

 

収納時のサイズ

 

 

  • 縦  45cm
  • 横  20cm
  • 幅  10cm
  • 重さ 2.3kg

同サイズのものと比べサイズ大き目・少し重めですが、一つにまとまって納まりが良いのでそこまで気になりませんね。

オートキャンプなど、車で移動する場合は、まったく気にならない大きさです。

 

設営時のサイズ

 

 

  • 285cm×285cm
  • 正方形に近い六角形 
  • ソロ~2人キャンなら十分すぎる大きさ!
  • 建て方もバリエーションが効くので便利

先ほども少し触れましたが、テントの上に「へ」の字で張ることもできますし、私が試したように片方を地面に固定するスタンダードな張り方も可能です。

バリエーションが効くのがうれしいです(^^)

 

価格

 

ポール込み、一式揃っていて、お値段なんと4,990円…!!!

安すぎる!

 

ネットでタープの布地とポールを別々で買うと、最安値の商品を選ぶと同じくらいの値段になりますが、付属するペグは使い物にならないことが多く結局出費がかさむことになります。(–;)

 

全てセットでこの価格は破格だと思います!!

 

デカトロンのポール付きタープの商品内容の詳細

 

 

では、このタープに入っているパーツをそれぞれ細かく見ていきましょう(`・ω・´)

 

布地

 

布地はカラーバリエーションが白の一つしかありません。

デカトロンで販売されているテントも同じく白系統のテントですので、これは仕方がありませんね。。。

 

ただ、この布地、機能性は抜群です!

遮熱性があり、日陰の下はかなりの温度差を感じられるど。

紫外線をカットするUPF50+素材でできています。

加えて、ウォータープルーフ加工がされているため多少の結露や雨から守ってくれます(`・ω・´)

 

タープ生地に欲しい機能はほぼそろっていますね!

 

ポール

 

 

ポールは180cm × 180cmのものが2本分入っていました。

背の小さい女性だと、立てるときに少し苦戦するかな?というくらいの高さ。

 

ポールは組み立て式。

4分割されていて、それぞれ刺すだけ、引っ張るだけでセッティングできるので初心者でも簡単に設営できそうです(^○^)

 

重さも太さも、気になることはなく、扱いやすかったです!

 

ロープ

 

 

 

平たい形をした太目のロープが6本入っていました。

 

写真の通りプラスチックのアジャスターが付いていて、これを引っ張ることでテンションをかけることができます。

通常のタープに付属しているロープよりも太いため、とても扱いやすかったです!

(細いロープは引っ張りづらくて難しいですよね……)

 

こちらは、リュックのひもを締めるような要領で簡単に設営できました(^○^)

 

ペグ

 

 

先の尖っていないタイプのペグが6本入っていました。

(これなら怪我をせずに設営・収納ができますね!)

 

写真やデータだけではわからないのが付属ペグの強度。

やはり、気になりますよね??

 

デカトロンの付属ペグは比較的太く、砂利気味の芝生に打ち付けても一切曲がりませんでした!

 

片面を地面に固定しもう一方をポールで固定する張り方であれば、ペグは6本あるうちの2本しか使いません。

ペグを買い替える必要は無さそうです(^^)

 

デカトロンのポール付きタープを実際に使ってみた!

 

というわけで、デカトロンのポール付タープを実際に使ってみました!!

 

 

本来は、テントの上に「へ」の字に立てる用のタープだったのですが、今回は片方を地面に固定するスタンダードな設営方法を試してみました!

 

収納袋の内側に設営ガイドがある

 

 

タープの張り方は、このタープを収納する外袋に説明イラストが描いてありました!

 

炎天下の中、スマホのYouTubeやWebサイトを見ながら設営する、なんてことはしなくてOKです!

(太陽光の中でスマホの画面って見づらいですよね。。。。)

これなら初心者でも安心して設営できます(^○^)

 

このガイドは袋に縫い付けられているので、なくす心配はありません!

 

設営イメージ

 

 

設営してみたイメージはこんな感じです!!

イスとテーブルを置いていますが、余裕で日陰の中に納まっており一人で利用するには十分すぎるサイズですね(^^)/

横にもう一つイスを置いて2人でも使えそうです。

 

白と青を基調としたカラーで、さわやかなイメージになりますね!

 

タープを使ってみた感想

 

かなり良い!!不満点特になし!

実際に利用してみましたが、特に不便に感じる点はありませんでした!

実は私、キャンプに関しては経験が浅いのですが、それでも一人で迷わずに設営できました。

 

ポール付きでこの価格で、なおかつこのクオリティなのは破格ですね….!!マジですごい。

 

ただ、布地・ポール自体が十分に大きさのあるパーツなので小柄な女性が一人で設営するには少し苦労するかもしれませんね(^^;

(そもそもすべてのタープが該当しますが。。。)

 

まとめ

 

 

 

【良いところ】

  • 値段が¥4,990!マジで安い!
  • 付属品(ペグ・ロープ)がちゃんとしている
  • 外袋、ポールなどが初心者向けの親切設計

 

【悪いところ】

  • カラーバリエーションが白しかない
  • 収納時のサイズが少し大きい

オートキャンプなど収容力のある移動手段なら気にならない!

(そもそも、デイキャンプで使うなら荷物もさほど多くないはず)

 

ポール付でこの値段は本当に破格だと思いました!

ネットで布地とポールを別々で買うと、最安値の商品を選ぶと同じくらいの値段になりますが、付属するペグは使い物にならないことが多く結局出費がかさむことになります。(–;)

 

その点、パーツがしっかりしているこのタープは優秀だと思います。

 

収納時のサイズが大きいことがネックではありましたが、コスパを考えたらまったく気にならないレベルですね!!

 

タープの詳細や、その他キャンプ製品・おススメアイテムも公式オンラインストアで確認できますので、ぜひチェックしてみてください(^○^)

デカトロン公式オンラインストア

では、また(`・ω・´)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

⬇︎こんな記事も書いてます!!

【デカトロンとは?】いま話題のスポーツブランドを調べてみた!!(DECATHLON)
いま話題のデカトロン(DECATHLON)がどんなブランドなのか?ユーザーの私がわかりやすく解説!
【デカトロン】テントやリュックなど特に安いと思った登山・キャンプ製品をまとめてみた!(ケシュア・フォルクラ)
日本ではまだ知名度の低いデカトロン。数多くある登山・キャンプ用品の中でも特に安いと感じたものをご紹介