氷点下10℃の冬登山もOK!ワークマンの防寒パンツがコスパ最強な件

ノウハウ

氷点下10℃の冬登山もOK!ワークマンの防寒パンツがコスパ最強な件

 

なんか、最近ワークマンウェアがコスパいいってよく聞くんだけど。
それ、本当なの??

登山系のメディアを見ていると、

“ワークマンのコスパがいい!”

という記事を本当によく見かけます。

 

でも、ワークマンって聞くと、

建築や土方の現場の人向けの会社、というイメージが私にはあります。。。

 

「とりあえず、ものは試しだ!!(`・ω・´)」

ということで、ワークマンウェアを購入して使ってみることに。

 

 

 

ワークマンの防寒パンツを購入

 

さて、さっそく私が購入した商品をご紹介します!!

 

防風ウォームパンツ(ストレッチ)

 

私が今回探していたのは、冬でも寒くない防寒パンツ。

 

登山メーカーの冬用防寒パンツは安くても5000円以上するので、いままで手を出していませんでした(^^;)

 

私が求めていた条件が、こんな感じ。

  • 冬の山頂の寒さに耐えられる防寒性
  • 動きやすい素材
  • 細身のシルエット

これで探してみたら、なんとまぁピンズドな商品を発見しました!

 



 

 

ストレッチ素材・防風・細身のシルエット。

まさか、ワークマンで細身タイプのパンツが販売されていたとは。。。

 

しかも値段が2900円!(税込み)

 

これなら失敗してもいいかな(^^;

と思える値段だったので早速購入!ポチっ

 

実際に履いてみるとこんな感じでした!

 

【私の体型】

  • 身長 :173cm
  • 体重 :65kg
  • おしり:大きめ
  • 足  :短め

 

今回はMサイズを購入。

 

 

私の体型で、こぶし一個分くらい裾が余りました。

 

私は自宅受け取りにしたのですが、店舗受け取りにすれば裾上げも対応してくれるそうなので、裾上げを希望されるかたは店舗受け取りを選択してましょう!!

(私は自宅で裁縫します。笑)

 

 

このパンツ、左側にオープンな薄型ポケット、右側にボタンとマチのあるポケットがありました!!

ハンカチやコインケースを入れるのにちょうど良さそうですね!!

登山をしていると、財布を出すのが面倒。。。なんてことがよくありますからね(^^;)

 

では早速このパンツを履いて冬の雪山へ登山してきます!

場所は山梨県笛吹市にある、黒岳という標高1792mの山。

 

 

冬の山頂の寒さに耐えられる防寒性

 

まず、防寒性について。

 

このパンツ、少し厚めの生地でできています。

が、チノパンの延長線のような素材で、

「いかにも防寒用で作りました!」

という見た目ではありませんでした!

 

登山ウェア特有のデザインの違和感が無く、普段使いできそうな見た目の素材です。

 

さて、今回登った山梨県の黒岳。

2月上旬のこの時期、気温はマイナス10℃………..!!

 

しかも風速10mという冬山ならではの環境で、下は”ワークマンのパンツのみ”で行ってきました!

(インナーとしてあったかタイツとか、履いてないです!)

 

合計で3時間30分、7.6kmほど雪の積もった山の中を歩きましたが、足に寒さを感じたことはほとんどありませんでした!!!(さすが”防風”パンツ)

山頂の眺望スポットでは45分くらい写真を撮影していて、じっとしている時間があったのですが、それでもへっちゃら。

この気温、この風速でパンツ一枚でストレスを感じなかったことに驚きですΣ(・□・;)

 

いままで、あったかタイツとパンツ(たまにレッグウォーマーも)の二刀流で登山をしていたのですが、その組み合わせよりもはるかに暖かかったです!

やはり、防風素材が風を通さなかったのが一番の要因でしょうか。

私が良く履いているジャージタイプのパンツは、通気性抜群なのでタイツを履いたところで山の強い風はとても寒く感じていました。。。(T-T)

 

そしてなにより、洗濯物がパンツ一着で済むようになったことがありがたい。笑

(インナーを洗濯する必要が無くなりましたからね)

 

動きやすい素材

 

はずかしながら、私はおしりが大きいためパンツ選びには苦悩した経験が多々あります。。。

今回も、Mサイズを購入するにあたり

「しゃがんだり、大きく足を開いたとき、動きづらくないかな??」

と、とても心配していました。

しかしながら、その心配が無駄であったことはすぐにわかりました。

 

 

パンツを思いっきり伸ばしてみるとこんなことに!!!!笑

もう、伸びすぎてポケットが口を開けてしまってますね(^^;)笑

 

これなら、ウエストさえ合っていればどんな体型の人でも履くことができそうですね!

 

もちろん、実際に登山してみても可動域について全く気になりませんでした(^^)

倒木をまたぐとき、大きな岩を登るとき、ごはんを食べるためしゃがむとき、雪で滑った時……..

まったくストレスを感じません。

 

登山は長時間動き続けていますから、ストレスと感じないことは非常に大事なことです!

 

細身のシルエット

 

これは、

「できれば細身でかっこよく履きたいなぁ」

という希望だったのですが、なんとワークマンは細身タイプを展開していました!(若者は嬉しい!!)

 

私は黒のパンツを購入したのですが、上下黒でまとめてみたら少しスタイリッシュな感じに仕上がりました(`・ω・´)

 

 

防寒性を優先すると、どうしても分厚い素材で着ぶくれしてしまうパンツが多かったのですが、これならその心配はなさそうです(´▽`)

山頂では老夫婦の方に

 

若い方はおしゃれでいいねぇ

 

と褒めていただけました(^^)

着ぶくれしやすい冬登山ウェアですが、シュッとした細身のスタイルで登山できるのは嬉しいですね!

 

まとめ

 

 

総じて言えることは、2900円でこのクオリティはヤバい!!!!

なぜ今まで手を出さなかったのかと後悔しています!(T-T)

 

防寒性・動きやすさ・細身 を兼ね備えたワークマンの防風パンツ

登山のお供に購入してみてはいかがでしょうか!?

 



 

 

では、また(`・ω・´)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

↓ワークマンの公式オンラインストアはコチラ!