【登山記】六甲山の天狗岩へナイトハイクしてきました

ナイトハイク

【登山記】六甲山の天狗岩へナイトハイクしてきました

 

どうも、こりおつです(`・ω・)

 

先日、六甲山の天狗岩というところにナイトハイクしてきましたので、ご紹介します!

 

六甲山天狗岩ってこんなとこ

 

 

  • 最寄り駅は「六甲山頂駅」(ロープーウェイ)
  • マイカーでないと行きづらい

 

天狗岩の場所は地元の人でないとわからないような、非常にわかりづらい場所にあります。

 

天狗岩へのアクセスは、夜景登山家 涼さんのサイトで詳しくご紹介されてますので、ぜひご覧ください。

 

⬇涼さんのサイトはコチラ!

天狗岩
六甲山西部の天狗岩からは六甲アイランドを中心に東は大阪府から西は神戸市街までの夜景が大パノラマで一望

 

ちなみに、「六甲山」という名前の山はなく、連なる山脈の一体を六甲山と呼ぶそうです。

 

では、さっそく撮影した写真をご紹介します!

 

六甲山天狗岩から見た夜景

 

 

その①

 

 

 

 

天狗岩から大阪市街を眺めた写真です。

 

右へ大きくカーブする湾岸線が美しいですね(^o^)

 

関東ではこのような湾岸線の夜景を見ることはなかなかできませんので、興奮してしまいました。笑

 

海に浮かぶ船の灯りまで、よく見えています。

 

 

その②

 

 

 

 

今度は、六甲アイランドを眺めた写真です。

 

海に突き出るようにしてできた六甲アイランド。

 

真正面から見ることで形がよくわかりますね。

 

実は天狗岩の近くには、日本三大夜景スポットの一つ「摩耶山」があります。

 

確かに摩耶山から眺める夜景も素晴らしいのですが、ここ六甲アイランドの眺めに関して言えば天狗岩のほうが圧倒的に美しいです。

 

摩耶山から眺める六甲アイランドは、斜めから眺めるため形がよくわからなくなってしまいます。

 

正面から見えるこの場所が、絶好の夜景スポットだと私は思うのです(`・ω・)

 

 

その③

 

 

 

 

こんどは六甲アイランドを拡大。

 

島へ続く橋や手前に広がるビル群。

 

また、奥にも湾岸線沿いの夜景が広がっているのがわかりますね(^_^)

 

拡大しても楽しめる。

 

撮影者を楽しませてくれる粋な場所です!

 

 

その④

 

 

 

 

続いて、ポートアイランド・神戸空港方面を拡大した写真。

 

こちらは神戸の市街地方面ですから、光量が多く夜景映えしますね(*^^*)

 

湾岸を走る幹線道路が特徴的ですし、空港の灯りが眩しいくらいに明るい。

 

海面に反射する光がより芸術点を上げてくれています(`・ω・)

 

 

その⑤

 

 

 

 

こちら、何を撮影した写真かわかりますでしょうか???

 

明石大橋を撮影しました(^_^)

 

この明石大橋。

 

聞いた話によると、毎時00分〜05分の5分間、レインボーに光るそうですよ…………..!!!

 

残念ながらその瞬間を捉えることはできませんでしたが、夜景と一緒に収めたらきっときれいでしょうね!

 

 

その⑥

 

 

 

 

撮影時、偶然にも淀川の花火大会が開催されていました!

 

ラッキー(^o^)

 

少々荒い写真ではありますが、望遠レンズで捉えることに成功しました!

 

やはり山から見る花火は格別ですなぁ。。。

 

まとめ

 

 

関西遠征第二段、天狗岩からの夜景でした!

 

⬇︎第一弾の記事はコチラ!

【登山記】ぼくらの広場へ夜景を見にナイトハイクしてきました
初めて見た関西の夜景。街と山が近くて、関東にはない大迫力の夜景が待っていました。

 

天狗岩は特徴的な地形がよく見られ、湾岸線の夜景が素晴らしい場所でした^_^

 

関東の夜景はちょっと見劣りしちゃうなぁ〜。。。

 

関東の素晴らしい夜景もたくさん見つけたいと思います……!!!

 

では、また(`・ω・)

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

⬇ナイトハイクの魅力を知りたい方はコチラ!

★ナイトハイクの魅力★
ここではナイトハイクの魅力を余すことなく伝えます!!

 

⬇ナイトハイクに挑戦したい方はコチラ!

★ナイトハイクへ行こう★
計画・準備から現地での行動まで、私が気をつけていることを余すことなく書いています!ぜひ、参考に!

 

⬇登山夜景を撮影したい方はコチラ!

★登山夜景を撮ろう★
登山夜景を撮影するためのノウハウをたっぷりかきました(`・ω・)

 

コメント